HOME > Salon Blog > アーカイブ > 2020年6月

Salon Blog 2020年6月

カットに行く目安とは?

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます(^^)/


















今日のテーマは『カットに行く目安とは?』です。




















今ブログをご覧頂いている方は、いつもどのくらいの周期でカットに行っているでしょうか?





















あくまでも目安ですが、女性のショートボブ・ボブ&男性のショートスタイルの方は1ヶ月~1か月半程度が良いでしょう✩




















ショートのスタイルは量感が気になりやすくなったり、デザインが50日程度しか持続できないからです。





















女性のミディアム・セミロング・ロング&男性のミディアムのデザインの方は、2ヶ月がおすすめですよ☆




















長さがあるデザインは、量感が崩れにくくなりますので2カ月程度は問題なくいけます☆




















又、ヘアカラーをされている女性では2ヶ月以降~根元が目立ちやすくなりますので、その辺りも含めて良い周期ではないかと思います(^^





















でも、なかなか美容室にいけれない方もいらっしゃいますよね?




















その場合は、春夏秋冬ごと(3か月ごと)が良いと思います。以前カットされたデザインがギリギリ残っている範囲内ですし、毛先の枝毛や切れ毛が起こるデッドラインだからです!




















伸ばし中の方でも、2~3か月の周期でメンテナンスを行い、毛先5ミリ以下でもカットをされている方の方が、断然は早く・きれいに伸ばしていけますので、これも参考にしてみてくださいね(^o^)丿




























カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

枝毛や切れ毛を修復する栄養分について

こんにちは、いつもブログをご覧頂きありがとうございます(^^)/



















今日のテーマは『枝毛や切れ毛を修復する栄養分について』です




















髪の毛のダメージが進行すると、枝毛や切れ毛といった症状が表れることがあります。





















これは、髪の毛の内部の構造を互いにくっつけている接着剤的な栄養分が流出したことにより起こる現象になります

















この栄養分の名前が【CMC】シーエムシーといいます。
(もしかすると、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?)






















このCMCという成分には他にも様々な効果があるのですが、それはまた後日にしますね☆






















今まさに枝毛や切れ毛でお悩みの方・きれいに髪の毛を伸ばしていきたい方は、美容室で行うトリートメントでCMCを補い、髪の毛同士をくっつけることが大切になります




















同時に、傷みが進行した髪の毛は必要以上に水分を取り込む性質(親水毛)しんすいもう になります。






















これは、髪の量や長さに関係なくドライヤーで乾かす時に乾きにくくなり、お手入の時間がかかってしまいます。




















CMCを補いながらも、必要以上の水分を髪の毛に取り込まないように補修することも大切ですよ♪





















これを行うのが、疎水型PPT(そすいがたピーピーティー)という栄養分です






















少し難しくなりそうなのでここまでにしますが、当店のトリートメントのメニューではこの2つを必ず補ってケアさせて頂いてます(^^)



















勿論、髪の毛のコンディションを診ながら適切な量と時間で調節して、扱いやすい髪質に変えていきます






















是非、枝毛や切れ毛でお悩みの方はご相談下さい






































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F




nestのダメージレスなカラーについて☆

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます(^^)/


















タイトル通り、当店では髪と地肌にダメージレスなカラーをするために【厳選したお薬】をご用意しております。



















今日はそれらのラインナップをご紹介したいと思います☆


















先ずは当店でベーシックなカラーといえば、こちら↓↓↓















シードオイルが使用されており、ナチュラルな色味や明るさを表現できるカラー剤です♪














髪と地肌に低刺激でダメージレスな施術が可能となりますが、さらに色味の表現が豊かになりダメージレスにカラーできるのが↓↓↓
















エヌドットカラーです☆施術中の香りなども優しい香りがして、カラー塗布もリラックスできるアイテムです♪
















色味もより表現しやすくなっているので、おススメですよ(^^)/



















では、実際のお客様の仕上がりを見て頂きましょう↓↓↓






















































上)暖色系 ※少しビビットにしてます
中)寒色系
下)ブラウン系










髪のダメージや色持ち、白髪でお悩みの方がいましたら、お気軽にご相談下さい☆


























カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

【湿気】対策はできてますか?

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます(^^)/


















先日、某電化量販店に行ったときに、今年はとても暑くなるみたいなポスターを見ました



















只でさえマスクをしていて暑いのに、気温が40℃を超えてくると地獄ですね(*_*)




















今から熱中症対策はしっかりしていきましょうね!!




















さて、紫外線予防は完璧にされている方は増えましたが【湿気】への対策は出来ているでしょうか?





















汗や雨、湿度が高い日にはクセがでやすくなり、朝のスタイリングの時間を返してほしいと言わんばかりにクセに悩まされます。



















当店では、しっかりクセを伸ばしながらも【柔らかく、ナチュラルで、地毛がストレートな方よりもキレイな】縮毛矯正が得意なプライベートサロンです






















縮毛矯正は、美容室のメニューの中で1番難しいと言われるメニューです!当店では最初から最後まで少人数(マンツーマン)で担当致しますので、必ず扱いやすくいたします☆




















是非、湿気対策をお考えの方はご相談下さいね♪






































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

【毛髪診断】とは??

こんにちは、若林ですっ


















さて今日は、nestで吉田とBAYASHIが大切にしているコトをかいてみます



















nestで徹底的に行うのがコチラ↓
























毛髪のダメージ診断です
















ダメージレベルが1~5段階で表記しており、今までの毛髪履歴や普段のスタイリング方法などからダメージがどの程度のものなのか把握しています















これは、トリートメント施術以外の技術でも、すべてに反映されておりとっっっても大切なのです(^^)/


















実は他にも、髪の毛の太さ・硬さ・クセ・量感も見て、毛髪診断も行っております
















ここまですることで、お客様にとって本当にお手入れしやすい『楽にきれいに』できるデザインがつくることが出来るからです☆
















カットだけのご来店でも、ダメージ診断と毛髪診断は行っておりますので















是非一度体験してみてはいかがでしょうか(^^


























カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

髪の毛の硬さとは?

こんにちは、いつもブログをご覧頂きありがとうございます(^^)/


















今日のテーマは『髪の毛の硬さとは??』です。




















nestでは、ヘアデザインを作る時やカラー、パーマの施術前に必ず毛髪診断を行っています





















診断では髪の太さや量、ダメージなどを順に診ていくのですが『髪の硬さ』も同時に診断していきます























ご自身で髪の毛を触った時に、意外と硬いと思われている方が多いのですが、、、、





















実際に診断をしてみると、普通の硬さや柔らかいと判断できる方が沢山いらっしゃいます






















そこで!今日は髪の毛の硬さについて書いていこうと思います(^^)/






















髪の毛の硬さを診断する場合は、実は2カ所診なければなりません。























髪の毛の硬さとは = 髪内部の芯の硬さ & キューティクルの硬さ(重なっている枚数) の2カ所になります





















髪内部にはフィブリルという芯の部分が存在します。この芯の部分をたくさん持っている方は、髪の弾力がある髪の毛になります





















前髪を短く切るとピンっと立ち上がってしまう方・ハリコシが凄くある方はこのタイプになります




















この場合、パーマや矯正をするときにコスメ系分類のお薬を使用すると弾力を弱めることが出来るので、質感の良い柔軟な髪質に改善できるのです☆




















では次に、キューティクルの硬さについてです!




















キューティクルとは、髪の表面に『魚の鱗』のようについたもので、髪を外部からの刺激に対して保護してくれている効果があるものです。




















キューティクルは何枚かが折り重なって形成されており、その重なっている枚数には個人差があります。

(少ない方で2~3、多い方で5枚以上)


















このキューティクルの重なっている枚数が多いほど、表面的な硬さを感じやすくなります。





















この現象によって『自分の髪の毛は硬いんだ!!』と勘違いしている方が多いのですね(^^)





















つまり、美容師さんが診断してみている『髪の硬さ』というのは【芯】の部分であり、表面的なところではないということです。
(勿論、カラーやパーマ等の薬剤を使用するときには、キューティクルの枚数はお薬の浸透に影響しますので、表面の硬さも診断します)


















いかがでしたでしょうか?




















次回も髪の毛について書いていきますね♪お楽しみにぃ~

































カウンセリング重視でダメージヘアを
髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

1

« 2020年5月 | メインページ | アーカイブ | 2020年7月 »

このページのトップへ