HOME > Salon Blog

Salon Blog

髪をきちんと乾かせていますか!?

こんにちは,いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます☆


















さて今日のテーマは「髪をきちんと乾かせているのか?」ということ











毎日ドライヤーで乾かしていますよ~というお声をお客様からもよくお聞きするのですが、











よくよく聞いていくと、ドライヤーは使っていても、しっかりと乾いていない状態で終了されている話も多々あることが判明。











ここで僕が確認したきちんと乾いていないであろうケースをご紹介!




・ドライ後、少し時間が経って髪を触るとひんやりする、もしくは湿っている


・毛先は乾いているが、根元の辺りが湿っている(特に女性の場合は後頭部の辺り)


・根元は乾いているが、毛先の部分が乾いていない(特に長さのあるロングの場合)


・ドライヤー自体は使っているが、そもそも完全に乾くまでドライヤーを使っていない
        (乾かし過ぎることの方が良くないんじゃないかと思われている等)







といったケースの方が多数。













そしてご自身ではきちんと乾いていると思っていらっしゃった方も多数いらっしゃいました














僕たち美容師が美容師専用のドライヤーを使っても完全に乾くまでには多少時間がかかりますので、












きちんと乾かしているよ!!、と思われていても、もしかすると僕たち美容師がイメージしている状態よりももう一歩足りていない時もあるのかもしれません














髪はしっかりと乾いた状態にしておかないと、少なからず摩擦による負担を受けやすい状態になっています













しかもそれが無意識に毎日繰り返されていた場合は知らない内に髪のダメージになっていることも、、、














そうならない為にもきちんと乾かす方法を改めてご説明させて頂きます(^^)/












①ドライヤーの風をあてる時にはまず髪を持ち上げるようにして根元の方を中心に乾かしていきます
(特に後頭部の辺りは髪の重なりが最も大きい為、少ししっかり目を意識して乾かしてください)












②次に根元の髪が乾いてきたかなという頃に、根元に近い部分から毛先にかけてドライヤーの風を当てていきます(特に長さのあるロングの方は、毛先にも風があたっているか注意して乾かしてください)











③一通り全体が乾いたかな、と思ったら軽く冷風をあてて髪全体をを冷ましてください











④ドライが終了したら、根元から毛先までがきちんと乾いているか、軽く指を通して握るようにチェックします(部分的にひんやりしていたり、湿っていた場合は再度熱を当てて乾かします)











ここまでできればきちんと髪は乾いた状態になっているかと思いますよ(*^^*)












そして乾かし過ぎになるのでは、、、、と心配されている方へ!












洗い流さないトリートメントを使用していただければ乾かし過ぎになることはほぼないかと思いますので、
乾かす前には洗い流さないトリートメントを使用してみてください














長々とお伝えさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?













毎日のことだからこそ是非一度ご確認してみてくださいねヽ(^o^)丿




















カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

伸ばし中にカットは必要なのか!?

こんにちは、若林ですっ

















今日のテーマは【伸ばしかけの人ほど、定期的なカットが大切!?】ですっ




















ブログをご覧の方で1度くらい『髪の毛を伸ばしてみよう』っと思ったことないですか?




















髪の毛を伸ばしていくのであれば極端な話【切らなければ】伸びます!



















そりゃ~そうですよね(笑)




















今回僕がお伝えしたいのは【きれいに髪の毛を伸ばして、目標に到達してもキープ出来る髪の毛】であることです




















髪の毛というのは、ほそーい繊維質の集合体でできています。
(是非、茹でる前の束になったそうめんをご想像ください)




















1本1本が細い繊維が束になることで、1本の髪の毛ができているのですね(^^)/




















例えば、その束を適当なものでカットした場合どうなるでしょうか?





















きっと、カットした先端はバラバラでまとまりのない見た目になるのではないでしょうか。





















では、切れ味の良い鋭い刃物でスパッとカットするとどうですか?


















切り口がきれいにカットされていることで、見た目もまとまった感じになると思います。






















髪の毛を伸ばしていく時に、ずっと放置した毛先の切り口はバラつきがでてしまい枝毛になってしまいます




















伸ばし中でも定期的にハサミでカットをしていくことで、毛先のまとまりがでてきれいに伸ばしていくことができるんですね(^^)/























勿論、伸ばし中の為5ミリ~1センチ以内のカットになりますが、これだけでも効果てきめんですよ♪























美容師さんの使っているハサミは、きれいな断面図になるように鋭く作られています



















だから、伸ばし中でも1カ月半~2ヶ月でメンテナンスは必ず行いましょう(^^)/






















おすすめは、同時に内部補修の簡単なトリートメントで良いのでおこなうことですっ


















是非、きれいに伸ばしていきたい方はお試しください☆




































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

本日の営業に関して

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます
















本日、10月12日のお昼頃より台風が接近しております




















当店は通常通りの営業をしておりますが、ご予約されているお客様はお気をつけてお越しください。




















又、電車などの運休なども考えられますので、その際にはお気軽にご相談下さい。
































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善する
プライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

nestのHPを初めてご覧になる皆様へ☆

こんにちは、nestの若林ですっ


















今日は、初めてnestのHPを見ていらっしゃる方へブログを書きたいと思います☆






















当店は、JR環状線天満駅・地下鉄堺筋線扇町駅から徒歩3分の駅近のプライベートサロンです





















スタッフは2名で、最初のカウンセリングから最後のお仕上げまでマンツーマンで担当しております






















最初のカウンセリングでは、スタイルのデザインは勿論ですが【毛髪診断】【地肌診断】を行っていますっ





















【毛髪診断】とは、髪の硬さ・太さ・量・クセ・ダメージの5つのポイントと、今までの履歴をもとに診断し、お手入しやすい髪質に変えていくためのカウンセリングです♪






















また【地肌診断】では、地肌の硬さや色から診断しており、地肌のトラブルを未然に防いだり改善していくためのカウンセリングとなっております





















担当者は常にマンツーマンで担当しますので、些細な髪のお悩みや気になる点は随時お気軽にご相談頂けます♪






















nestでは、普段の髪のお手入れやスタイリング方法まで丁寧にお伝えするために、一人ひとりのお客様に対して余裕を持ったお時間でご予約を承っております(^^)/




















お手入れを楽にするのは勿論、nestで過ごされるお時間も楽しんでいただけたら幸いです★




















初めてご予約をされる場合は、お電話 又は HPの下記に24時間WEB予約がございますので、ご利用下さいっ
(ご紹介で初めてご利用の方は、HPの24時間WEB予約のコチラというボタンをクリックしてください)



















また、nestでは平日のお時間に無料で【毛髪診断】【地肌診断】をしております☆

※無料診断は、初めてご来店されるお客様限定になります
※診断をご希望される方は、事前にお電話 又は HPの上記のcontact(メールのマーク)からご連絡よろしくお願い致します



















毎日のお手入でお悩みの方や髪をきれいにしていきたい方は、是非お気軽にご相談お待ちしております♪





































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善する
プライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

髪の絡まり、ザラつきを改善するサラサラトリートメント

こんにちは、若林ですっ














今日のブログのテーマが『髪の絡まり、ザラつきを改善するサラサラトリートメント』です















nestには4週間分のホームケア付きのヴェールトリートメントというメニューがあるのをご存知でしょうか?
















このトリートメントの効果はコチラ↓




・アイロン等の外部からの刺激から髪の毛を保護する働き


・ヘアカラー後の褪色を抑える効果


・絡んでしまう髪の毛の手触りを良くする






こんな役割があるトリートメントです☆















ここで注目して頂きたいのが『保護に特化しているメニューなので、内部補修をしない』ということです

















無色透明なコート剤を髪の毛につけること(ヴェールのように包み込む)ことで、外部の補強を行うメニューなのですね















髪の毛のダメージレベルが高い方(ダメージ大の場合)は、このトリートメントでは根本的には健康な髪の毛に近づけることは難しいのです
















nestではカウンセリングの際に『毛髪診断』をおこなっておりますが、この時に髪の毛の状態にあわせた施術を心掛けています
















ヴェールトリートメントは、まだダメージレベルが低い方や色抜けを気にされる方、

















質感をもう少し向上したい方にオススメですので、是非お試しください☆


















その他に疑問に思うことや気になることがあれば、お気軽にお声をかけてくださいねっ



























カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)

大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F



流さないトリートメントは必要?? Q&A

こんにちは、若林ですっ













今日のブログのテーマは『流さないトリートメントは必要なのか?』ですっ
















お風呂上りに髪の毛を乾かす前につけるトリートメント。通称『流さないトリートメント』です




















女性であれば1度は使ったことがあるのではないでしょうか?


















さて、お風呂場で使う『流すタイプのトリートメント』を使っている場合、流さないタイプのトリートメントは必要ないのでしょうか?

















そんな質問を受けましたのでブログにまとめてみました☆
















ここで髪の毛の成分を簡単に説明すると、タンパク質80~90% 脂質1~8% で構成されています。
















ここで注目なのが『脂質』なのですが、トリートメントって言わばオイル=脂質なんですねっ

















つまりオイル(脂質)を補うことで、健康な髪の毛の状態に近づけるまたは、キープすることが出来るのです☆


















では本題ですが → 流さないタイプと流すタイプのトリートメントはどちらかで良いのか?っということですが、、、、
















どちらとも必要です!!っというのが答えです(^^)/

















では理由を↓















髪の毛は水に濡れている時にキューティクルが少し開きます。その時にコンディショナー(流すトリートメント)をつけることで、内部補修と外部の補強を円滑に行うことが出来ます

















そしてドライヤー前につけるトリートメント(流さないタイプ)とはいうと、さらに髪の毛をコートして摩擦や熱などから守ってくれる為、必要になってきます。















実は、本来はこの流さないオイルの変わりを担っていたのが『皮脂』になります。


















一般的に『皮脂』と聞くと、汚れや嫌なイメージが先行してしまうかもしれません。でも人間にとって実はとても大切な役割を果たしていたのですね♪ (自然なツヤ感なども皮脂が補っていました)

















しかし、一般のシャンプーは皮脂を過剰に落とし
















ヘアカラーやパーマ等の薬液を使うことでキューティクルが破壊され、皮脂を円滑に毛先まで運べない。
















つまり、変わりなるモノを補わないといけなくなってしまったのですね



















それが今日何度もお伝えしているキーワードの『流さないトリートメント』というわけですっっ
















ちなみに流さないトリートメントには『ミストタイプ』『エマルジョン(クリーム)タイプ』
『オイルタイプ』などあり、しかも『重さ』というものがあります。
















形状のタイプにはそれぞれ特性があるので『必ずしも、これが最強!!』っというモノはございません
※よく、お客様がオイルタイプがいいんですよね?と聞かれるので。















髪の毛の状態や叶えたいデザインによって重さや形状が変わりますので、プロにご相談下さい☆



















今日はとっても長い文章になりました!!


















最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆また、次回もお楽しみに~































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

髪のダメージを最短でケアしていく方法とは?

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます(^^)/



















今日のテーマは『髪のダメージを最短でケアしていく方法とは』です




















近年、SNSなどでよく見るヘアカラーのデザインは、どれも髪の色素を削って(ブリーチ作用の高いものを使用する)発色させるカラーが多いように感じます






















髪の色素を削ることで『透明感』のでやすい色味になるのですが、同時に髪の栄養分を流出させていきます























又、カラー後の【薬剤除去】が徹底されていない場合、キューティクルが開いたままになるので、カラーの持続やダメージの進行が著しく高くなります






















では、このようなダメージを受けた髪を最短でケアしていく方法はなんでしょうか?






















その① 定期的にカットをすること。 勿論、急にバッサリカットするのではないですよ(^^)/





















長さを切らなくても、ダメージの大きな箇所の割合を減らすことは出来ます。繰り返し行うことで健康で扱いやすい箇所が多くなりますので、きれいになっていきます☆






















その② カットをしても補えない部分は、プロによるトリートメントでケアしていこう!























当店のように、毛髪診断を行ってダメージの進行具合を確認し、ダメージレベルに適したトリートメントを施すと、扱いやすくなりますよ☆
























その➂ 自分髪質(コンディション)にあったホームケアをしよう!





















普段されているホームケアは正しくできていますか?適切に行われているのであれば、今の髪のコンディションに合わせたケア剤を使えてますか?






















当店では【毛髪診断】をしていますので、詳しくお伝えしホームケアが楽にきれいにできるようになりますよ☆






















いかがでしたか?実は、意外とシンプルで簡単に出来そうなことなんですね♪























参考にしてみてくださいヽ(^o^)丿









































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

次回予約がオススメです☆

こんにちは!








10月に入りようやく秋らしい気候になってきた気がします。










そして気候が良くなり、暇があれば自転車で淀川沿いを駆け抜けている吉田です(^^)/










さて今回は当店で行っている次回予約についてお伝えさせて頂こうかと思います!










次回予約とは、ご来店頂いた際に、次のご予約日をお帰りの時点でスタイリストと相談の上決めるご予約方法です











扱いが気になり始めるベストなタイミングでご来店頂けますので、きれいで扱いやすい状態をキープできたり、









ご希望日時で確実にご予約をお取り頂けます(^^♪










また、当店のWEB予約は最長で1ヶ月先までのご予約しかお取り頂けないのですが、次回予約でのご予約の場合、










1カ月半、2ヶ月、といった先のご予約まで最も優先的にご予約をお取り頂けます!










また、今が10月ということもあり、1ヶ月半・2ヶ月先の11月、12月のご予約がすでに埋まり始めております










髪の状態をきれいに保ったり、扱いやすい状態をキープするためにも、一度ご活用頂いてみてはいかがでしょうか^^?
                           (特に土日にご来店されている方にはオススメです!!)











いつ美容室に行けばよいのかわからない!という方にもオススメですので是非担当のスタイリストにご相談ください!!



















カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

最も髪が傷む意外な原因とは?

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます(^^)/












今回も身近な髪にまつわる情報について










髪が傷む、、、という言葉を耳にしたことがあるかと思うのですが、










髪は何に対して最もダメージを受けていることが多いのかご存じでしょうか??










カラー?パーマ?、、、いえいえ違います










答えは摩擦です!










髪は本来薬剤などには強くできているのですが、実は物理的なダメージには非常に弱くできています










※ただし、ブリーチやきちんとした処理のない薬剤施術は除きますが、、、










なので意外と見過ごしがちな、半乾きの状態で寝ることやアイロンでのスルー、髪をくくるゴム、シャンプーやドライヤーの熱等











気を付けなければ、または知らなければ知らず知らずに髪を傷めていることがあるのです!










薬剤によってももちろん髪は傷むのですが、以前からお伝えしているように、










きちんとしたケア・処理ができていればそれほど大幅なダメージを受けることは少ないかと思います










ですので意外と日常的な髪の摩擦について気にかけてみると髪の状態が良くなることもございます(^^♪









是非一度注意してみてください(^O^)/















カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

『広がる髪の毛のケア方法』について

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます(^^)/




















今日のテーマは『広がる髪の毛のケア方法』についてです























髪の毛の広がる原因はヒトそれぞれ!クセ毛は勿論のこと、髪のダメージの進行が引き金になって広がっていることも多いです





















例えば元の髪質がクセ毛の場合、クセの種類によってお薬が必要なケースと必要でないケースがあります。






















波打つようなクセ毛の場合は、お薬の力を借りなければおさまりは難しいのですが、、、、、
























ふわふわ広がるようなクセ毛の場合、髪の内部補修をすることで収まりが良くなります。
























しかも、手触りも同時に改善されるので扱いやすくなるのですね♪

























ただし、求めているデザインによりますので、しっかりストレートのデザインをご希望される方はお薬の力を多少お借りした方が良い時もあります。






















先ずは、担当の美容師さんにお悩みと希望のデザインをお伝えして決めていきましょう(^^)/





































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ