カテゴリ

HOME > Salon Blog > 4ページ目

Salon Blog 4ページ目

白髪染めは明るくできないと言われる理由

こんにちは!







いつもブログをご覧頂きありがとうございます!








前回はファッションカラーについて書かせて頂きましたが、今回は白髪染めについて書いてみようと思います(^^)










今までに白髪染めをされたことのある方は経験していたり、もしくは耳にしたことがあるかもしれませんが、










『白髪染めは明るく出来ない』、や『白髪染めは暗くなる』ということを美容師に言われたことはありませんか??












どうして白髪染めのカラーをすると明るくできなかったり、暗めになりやすいのか、、、、、











その理由までご存知の方は少ないかと思います!











今日はそのことについて解説致します(*^^*)












先ず初めに知るべきことは、白髪染めカラーはファッションカラーに比べて染料(髪に入る色)が濃いこと!!











そしてその濃い染料のほとんどが茶色だということ。











ファッションカラーは赤、青、緑、ピンク、等々の鮮明な色味が入っているのに対し、











白髪染めはほぼ茶色をベースにほんのり色味がある感じで出来上がっています。


例:
8レベルのアッシュ(ファッションカラー)  → 色味は青やグレイ

8レベルのアッシュ(白髪染めカラー)  → 茶色+ほんのり青やグレイ












さて、上記を大前提として本題に入ります!











ここから少し話がややこしくなるので、ゆっくりと進めていきたいと思います(^^;











白髪染めは茶色が濃いとは言ったものの、『白髪染めで明るく出来ない』、『暗く仕上がる』原因はこれだけではございません










実はもう一つとても大切な要因がございます!!











それは『白髪の割合』です!










どのくらい白髪があるのか??、ということが明るさをコントロールする上で非常に大切になるのです












 


極端な2つのパターンでご説明します!



①白髪が8割、黒髪が2割 (ほとんどが白髪の場合)

明るくデザインすることは比較的簡単に行えます。
12~13レベルくらいまでであれば、あまり髪に負担をかけずに仕上げることも可能。



②黒髪が8割、白髪が2割 (ほとんどが黒髪にパラパラ白髪が混ざっている場合)

明るくしずらく、仕上がりも暗めになりやすいです。
明るめにしても7~8レベルくらいに仕上がることが多い。











どうして上記のようなことが起こるのか、、、、、









【①の場合】

白髪は黒髪と比較すると、白と黒で真逆の色。実は白髪は最も明るい髪色としても捉えることができるのです(´゚д゚`)(考え方としてですが、、、)

白髪がほとんどを占める場合は白髪染めカラーを使うものの、少し暗くする(やや薄めの茶色)イメージで染めれば簡単に明るい髪色に仕上がります。

ブリーチでかなり明るい状態の髪にほんのり茶色を入れているようなイメージがわかりやすいでしょうか??


※あくまでイメージのため白髪とブリーチした髪の発色は異なります






【②の場合】

黒髪が多い状態で白髪を染めていく場合、黒髪の方が割合が多いため、白髪が染まった(黒髪を染め

た時と同じような状態になった)と思って頂くためにはある程度濃い茶色を入れる必要があります。

白髪についてはカラー剤が白髪に合わせてできているため特に問題なく染まるのですが、

黒髪部分はというと、明るめのカラーを目指す時には白髪には反してメラニンを削っていく必要が

あるですが、明るくはなるものの白髪に入る染料(濃い茶色)も同時に入るため、

『黒髪が明るくなってできた地毛の茶色 + 白髪を染めるために入っていく濃い茶色』

という状態になり、仕上がりとしては、地毛の茶色に濃い茶色が加わる & その割合がが多い、

ため比較的暗めに見えてしまう、という仕組みなのです(^^;








わかりやすく説明するために白髪と黒髪の割合を極端にしましたが、お客様により割合は様々で









白髪が気になってきている頃、というのは基本的には黒髪が多い状態であるため、










『白髪染めは明るく出来ない』、や『白髪染めは暗く仕上がりやすい』という説明になる、










ということなのです!

 










今回は白髪染めカラーだと明るくしづらい理由について記載しましたが、












白髪を染めながら明るいカラーはできない!、というわけではございませんので誤解の無いようにお願い致します!











白髪をきれいに染めながら明るめのカラーを楽しむ方法もたくさんございますのでそういったデザインをお求めの場合は、是非当店にご相談ください(^^)







































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F


夏場のスタイリング剤について

こんにちは、いつも当店のHPをご覧いただき、ありがとうございます(^^)

















本日のブログのテーマは【夏に適したスタイリング剤について】です




















皆さんはお休みの日や仕事の時にはスタイリング剤を使用していますか?





















世の中には様々なスタイリング剤がありますが、季節問わずオールラウンダータイプなものや季節に合わないものもございます




















夏の時期(6~9月)の間は、湿気や汗などでスタイリングが崩れやすくなると同時に、ベタつきやすい時期でもあります






















そんな時に油分の多いワックスやグリースなどを使用してしまうと、全体的にベタっとした印象となってしまいます。さらに、一日を通してスタイリング剤の油分が毛先に運ばれ最終的には顔につくようなります。(顔が油分でベタつく)



















つまり、油分の多いスタイリング剤は夏場に適していないということです。





















では、夏場にお勧めのスタイリング剤とはなんでしょうか?


・ストレートスタイルを好む方は→ミスト系のスタイリング剤又はスプレータイプ(艶出し)

・くせ毛やパーマのデザインの方→ムース

・巻き髪のデザインの方→スタイリング用オイルを少々(1~2プッシュまで)またはバーム(米粒ほど)

・ショートのスタイルの方→マット系のワックス又はジェル













ざっと書きましたが、こんな感じでしょうか?






















油分の少なめなスタイリング剤を使用することや、使用量を最大限減らすことがポイントです(^^)/























詳しくは随時ご質問してくださいね☆




























カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

#天満#扇町#中崎町#美容室#美容院#プライベートサロン#マンツーマン#小規模#楽にきれいに#ダメージレス#髪質改善#低刺激#カウンセリング#オーガニック#コタ#ムクエ#幹細胞
 




パーマで雰囲気を変えること

こんにちは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます(^^)/









今回はパーマについて☆









パーマをあてたことがある、という方はどのくらいいらっしゃるでしょうか??










コテで巻くことが当たり前になってきた今ではパーマでどのようなデザインができるのかご存じない方も多いかと思います










そこで今回はパーマで作れるカールについてお伝えさせて頂きます!















カールについて☆


パーマと聞くと、おそらくくりくりとしたデザインを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?


確かにそれもパーマのデザインの一つなのですが、


パーマで作れるデザインはくりくりとしたデザインだけではございません。



パーマとは髪に対して様々なカールを作る技術だとご理解頂ければと思います


では様々なカールとはどのようなカールなのでしょう???










よくアルファベットの形を用いて説明させて頂くのですが、、、











まず基準になるストレートの直毛の髪を    『 I  』    ←わかりずらいですが大文字のアイです(*_*)



と表現します。














・基本カール① 『Jカール』

 毛先のみゆるく曲がっているカール。パーマ感は少ないクセのような印象



・基本カール② 『Cカール』

 毛先が内に入るカール。どんな長さでも取り入れやすくお手入れをサポートするくらいの印象




・基本カール③ 『Sカール』

 コテで巻いた時のようなカール。パーマ感が強く、よくパーマで思い浮かべられる印象



・基本カール④ 『Wカール』

 波打つようなカール。パーマ感がかなり強く、くりくりした印象












コテで髪を巻くときのカールをイメージして頂くと分かりやすいかと思いますパーマはコテで巻くのと同じような考え方でデザインしており、












この基本のカールを組み合わせてお求めのデザインを作っていくのです!












なのでJカールやCカールといったデザインは意外とどなたでも取り入れやすく












むしろあてた方が楽になることが多いカール(^^♪














初めてパーマをあてる方や前髪・トップと言った部分にあてる場合には特におすすめですよ!














SカールやWカールになると確かにそれなりのスタイリングが必要になるのですが、













スタイルやイメージチェンジしたい時、パーマをあてた感が欲しい時にはおすすめですねヽ(^o^)丿















もちろんデザインの種類はまだまだたくさんあるのですが











今回はあて方次第でどんな方でも取り入れやすいという事をご理解頂けると嬉しです(*^^*)












スタイルに飽きてきたなぁ、少し変えてみようかなぁ、とお思いの方はどうぞお気軽にご相談ください(^^)/














カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

#天満#扇町#中崎町#美容室#美容院#プライベートサロン#マンツーマン#小規模#楽にきれいに#ダメージレス#髪質改善#低刺激#カウンセリング#オーガニック#コタ#ムクエ#幹細胞
 

それぞれの【消費期限】について

こんにちは、いつも当店のHPをご覧くださりありがとうございます(^^)


















久々のブログの更新となります。先日急にパソコンの調子が悪くなったため更新できませんでした

矯正(ストレート)とヘアカラーは同日にしないのが良いお話

こんにちは、いつもブログをご覧頂きありがとうございます(^^)/














今日のテーマは【矯正(ストレート)とヘアカラーを同日に行うことはNGな理由】についてです

















ヘアカラーを美容室で行う周期はおおよそ2~3か月と言われ、年に4~6回はお染していることになります。


















その内、クセ毛が気になっている方はその間でストレートを施すこととなります。


















ただしかし、美容室に何回も行くのはめんどくさいな~って感じる方もいらっしゃると思います



















そんな時、ストレートとヘアカラーを同日に施術したらよいのでは?と疑問が。


















まず結論から言いますと、同日の施術は髪への負担が大きい為、基本的に行わないのが良いでしょう。

















ただし、根元のリタッチだけであれば可能になることもあります。負担が少なく済みそうであれば、こちら側の判断で施術したりもします















原則、ストレートとヘアカラーの薬剤を混ぜること(同日に行い施術すること)はどのメーカーさんもNGとしております。















やはり別々のお薬がつくこと良くないからですね
















また、予想だもしないダメージができるリスク、クセの伸びが悪くなることも想定されるからです



















皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ストレート後のヘアカラーは最低で1週間は空けてください★































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善する
プライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

nestのHPを初めてご覧になる皆様へ

こんにちは、当店のブログをご覧頂きありがとうございます。


















今日は、初めてnestのHPを見ていらっしゃる方へブログを書きたいと思います☆






















当店は、JR環状線天満駅・地下鉄堺筋線扇町駅から徒歩3分の駅近のプライベートサロンです





















スタッフは2名で、最初のカウンセリングから最後のお仕上げまでマンツーマンで担当しております






















最初のカウンセリングでは、スタイルのデザインは勿論ですが【毛髪診断】【地肌診断】を行っていますっ





















【毛髪診断】とは、髪の硬さ・太さ・量・クセ・ダメージの5つのポイントと、今までの履歴をもとに診断し、お手入しやすい髪質に変えていくためのカウンセリングです♪






















また【地肌診断】では、地肌の硬さや色から診断しており、地肌のトラブルを未然に防いだり改善していくためのカウンセリングとなっております





















担当者は常にマンツーマンで担当しますので、些細な髪のお悩みや気になる点は随時お気軽にご相談頂けます♪






















nestでは、普段の髪のお手入れやスタイリング方法まで丁寧にお伝えするために、一人ひとりのお客様に対して余裕を持ったお時間でご予約を承っております(^^)/




















お手入れを楽にするのは勿論、nestで過ごされるお時間も楽しんでいただけたら幸いです★




















初めてご予約をされる場合は、お電話 又は HPの下記に24時間WEB予約がございますので、ご利用下さいっ
(ご紹介で初めてご利用の方は、HPの24時間WEB予約のコチラというボタンをクリックしてください)



















また、nestでは平日のお時間に無料で【毛髪診断】【地肌診断】をしております☆

※無料診断は、初めてご来店されるお客様限定になります
※診断をご希望される方は、事前にお電話 又は HPの上記のcontact(メールのマーク)からご連絡よろしくお願い致します



















毎日のお手入でお悩みの方や髪をきれいにしていきたい方は、是非お気軽にご相談お待ちしております♪





































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善する
プライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

ハイトーンのヘアカラーについて

こんにちは、いつも当店のブログをご覧頂きありがとうございます(^^)















今日は【ハイトーンのヘアカラーについて】書いていこうと思います

















ひと昔前までの当たり前というのは、現在では批判されたり笑われたりすることが多くあります(冒頭から大げさな表現でスミマセン)

















当然、美容業界にもたくさんの影響があるのですが、最も身近なもので『ヘアカラーの明るさ』ではないでしょうか?
















僕が美容師になりたての時は一般企業でゆるされている髪色の明るさは『7~8番』であり、思っているよりも暗めな明るさでした
















それが時代と共にゆるさ(自由度)が改善されてきているので『10番』が許容範囲内になりました。

















フレックスで働いている方でしたら、無制限に明るくてもOKなんてこともありますよね?
















学生やアパレル業界などで市ゆるされなかったブリーチのデザインも、今ではご年配の方でも対応できてます
















そんな中、やはり髪のダメージ問題に関してはヤマズミ、、、、。


















根元の伸びた時のリメイクも以前のようには、いかなくなってきています。
(ブリーチ+色味を入れたデザインでは、リタッチでリメイクするときに時間と費用が掛かりすぎることや、リ色の馴染ませが難し事)















そんなことから当店では、ブリーチを使用した施術は基本的にはお断りさせて頂いており、カウンセリングにて可能な範囲内でしかデザインカラーは行いません。
















コンセプトである『楽にきれいに』なるデザインを作るためには、髪への負担の大きな施術は避けていきたいとい考えているからです。
















どうしてもそのようなデザインをしたい場合は、お時間を取りますのでしっかりカウンセリングをして納得できるデザインにしていきましょう★



























カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F


髪を整えるシアバター(バーム)の使い方について

こんにちは、いつも当店のブログをご覧頂きありがとうございます(^^)















今日は【髪を整えるシアバター(バーム)の使い方】についてです

















6月は湿気が多い季節となる為、分け目付近に細かい毛がふわふわと目立ちやすくなる時期です
(乾燥する時期も同様なことがおきます)
















ストレートをするまでもないが、やはり気になるのでスタイリング剤でカバーしようと考えている方は意外にも多いのではないでいでしょうか?















美容師さんにおすすめされて既に使用している方もいるのですが、正しく(ここでは効果的にと言いましょう)つけれているでしょうか?
















もしかして、バームを手にとり手櫛だけで馴染ませていませんか?
















バーム系のスタイリング剤はオイル系と異なり、触った箇所に堆積するような形状です

















つまり、付け方を工夫すればより細かい毛を抑え、滑らかに質感に仕上げれるのです(^^)/















結論から言いますと【手の平で温めながら握って付ける】ことがアンサーとなります
















広がる細かい毛に対してバームが付いていればまとまり、ツヤがでますので手櫛が必要ないのです。

















手櫛を通すことで必要のない所にバームが伸ばされ、結果的に本来抑えたい部分に塗布量が減ってしまうので効果が半減するのです



















是非、お家で試してみましょう~





























カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F



当店を始めてご利用頂くお客様へ

こんにちは、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます(^^)/

















本日は、初めて当店にご来店を考えているお客様へのブログを書いていこうと思いますので、是非最後までお付き合いください


















当店は最初から最後まで1人のスタイリストが担当するプライベートサロンで、最初のカウンセリングを重視した接客で進めて参ります。



















カウンセリングに力を入れている理由としては、当店にご来店されるお客様の過半数が『髪のお悩みが改善されない』というお悩みを抱えており、その原因を探るためにお時間を頂いているからです。


















又、当店はホットペッパー等に掲載しておらず、恐らくこのブログを見ているお客様も色々調べた中で辿り着いているのではないでしょうか?



















そこまで調べている方はきっと【髪のお悩み早く改善したい】という気持ちが強い方だと思います。



















その気持ちを汲み取りながら、髪質やコンディション、ご要望に合わせたデザインをお作りしております



















マンツーマンの接客・施術をしているため、1日にご担当できる人数に限りがございます。出来るだけご案内させて頂きたいのですが空き枠に限りがございますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

※2~3週前には当店専用のweb予約をご確認下さい。web予約はホームページ下にある『24時間ご予約フォーム』をご利用下さい。

















また、当店では【次回予約制】を取り入れております。



















理由として、お客様のご来店されるペースは髪の長さ、コンディション、お悩みによって異なります。



















最初のカウンセリングの内容を含めて次回の周期を決めていきましょう。


















皆様のご来店をお待ちしております☆


































カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

梅雨の時期にこそパーマもおすすめ

こんにちは、いつも当店のブログをご覧頂きありがとうございます(^^)


















いよいよ梅雨に入り湿気との戦いが始まり、追い打ちをかけるように台風による大雨の本日です。



















さて、今日のブログのテーマは【梅雨の時期にこそパーマもおすすめ】という題名です


















『梅雨』『美容室』『クセ』この3つのワードは、6月に入ると急増するヒットワードですね

















世間ではツヤのあるデザインがやや主流となっており、更にこの3つのワードが追い打ちをかけます

















結論、ストレートメニューが増えるわけです。

















ここで一つ考えてみたいのですが、クセ毛の方は最初からパーマとの相性が良くデザインしやすい状態になっています。
















それなのにストレートメニューばかり急増してしまいます


















もっと梅雨の時期を楽しむ多様性のあるデザインをしてみても良いのではないでしょうか?




















皆様が思っているよりもパーマのデザインって楽にスタイリング出来るし、時短になります(^^)/

















実際、クセ毛でお悩みのお客様にパーマをあててみて、ストレートをしていた時よりも楽になっているとのお声を頂いてます

















ストレートに飽きてきたら是非、一度ご相談くださいね☆















カウンセリング重視でダメージヘアを髪質をコントロールし改善するプライベート美容室nest (ネスト)
大阪府大阪市北区山崎町1-13 IBビル3F

#天満#扇町#中崎町#美容室#美容院#プライベートサロン#マンツーマン#小規模#楽にきれいに#ダメージレス#髪質改善#低刺激#カウンセリング#オーガニック#コタ#ムクエ#幹細胞

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ